JAPIA 活動

EDI部会活動

JAPIAではITによる業界内での企業間取引の効率化を図るため自工会と連携し、さまざまな電子情報交換に関わる標準化に取組んでいます。特に納入伝票の標準化はすべての自動車メーカーが採用しており、複数の自動車メーカーと取引している部品メーカーにとってはプリンターの多端末現象の解消に効果を上げています。
しかし、部品メーカーは必ずしも自動車メーカーだけと取引しているわけではなく、部品メーカー間の取引も行っています。こうしたケースでは発注企業の独自フォーマットで運用されていることがあります。JAPIAではこうした部品メーカー間の取引においても標準化を進めるべく活動を進めています。 EDI部会では、EDIメッセージに加え、納入伝票や電子タグなどの標準化にも取り組んでいます。

「リターナブル輸送資材識別のための国際ガイドライン」の公開について

JAMA・JAPIA(日本)、AIAG(Automotive Industry Action Group、米国)、及びODETTE(Organization for Data Exchange by Tele Transmission in Europe、欧州)は「リターナブル輸送資材識別のための国際ガイドライン(Global Guideline for Returnable Transport Items Identification)」を制定しましたので公開致します。

ご入用の方は下記よりダウンロード下さい。

▼リターナブル輸送資材識別のための国際ガイドライン [2.41MB]

EDI標準帳票

▼「JAPIAにおける電子情報交換標準化の取り組み」 EDI-070511.pdf [874KB]

▼「JAMA・JAPIA-EDI標準帳票ガイドラインの説明」 EDI-070511guide.pdf [884KB]

▼「日産自動車におけるEDI標準化の取り組み」 EDI-070511nissan.pdf [733KB]

▼「トヨタ自動車におけるEDI標準帳票活用の取り組み」 EDI-070608toyota.pdf [281KB]

▼「スズキにおける標準帳票導入・活用の事例紹介」 EDI-suzuki.pdf [682KB]

▼「豊田合成におけるJAMA・JAPIA-EDI標準帳票導入事例」 EDI-070517toyotagousei.pdf [762KB]

※EDI部会が主催したセミナーの資料集です。


▼JAMA・JAPIA EDI標準ガイドライン(自工会)

※JAMA(自工会)サイトにジャンプします。


電子タグ(RFID)

▼「RFID基礎知識」 RFID-081202kiso.pdf [2.2MB]

▼「部工会における電子タグ(RFID)標準化活動」 RFID-081202seminar.pdf [1.4MB]

▼「電子タグ(RFID)の活用事例」

 ―08年度 第10回自動認識システム大賞 事例―

※講演者の希望により、「電子タグ(RFID)活用事例」資料は配布していません。

第10回自動認識システム大賞の受賞内容については日本自動認識システム協会(JAISA)のサイトでご確認いただけます。


JNX

JAPIAは関係団体と連携して自動車業界共通ネットワーク(JNX)の推進をしています。
JNXのメリットは、取引先ごとにあった専用線を廃止し、JNX回線1本になることで通信費用や多端末現象を解消することができます。JAPIAは今後もより効率的で信頼性の高い情報通信ネットワークを提供するため、会員各社の問題と課題解決のため関係団体とともに積極的に取り組んでまいります。

▼JNXセンター

※JNXセンターサイトにジャンプします。


ページ上部へ戻る

INDEX

自動車部品工業会の活動

CSR/リスク対応活動

CSR(企業の社会的責任)の取組み

BCPガイドライン

JAPIA共通「サプライヤ情報収集シート

防火点検シート

知的財産権

JAPIA知的財産権部会活動の紹介

知的財産権関連冊子の作成

支援事業紹介(特許庁)

反模倣品活動

反模倣品活動

模倣品対策共同声明

模倣品取締り機関向け活動

模倣品問題説明会

自動車部品ショーでの取組み

模倣品対策ツールコーナー

模倣品関連リンク集

安全問題

チャイルドシートの国内出荷台数

電子情報標準化

EDI部会活動

JNX

環境問題

JAPIA LCI算出ガイドライン

環境自主行動計画

JAPIA環境情報誌

支部活動

関東支部

中部支部

関西支部